HOME>記事一覧>離婚で慰謝料をもらうには?弁護士へ相談して解決しよう

目的に合わせて士業に依頼しよう

離婚することになった場合、慰謝料の有無や支払い、任意整理や相続についてなど処理しなければならない様々な問題が生じます。その際には、目的に合わせて弁護士や税理士などに依頼して解決していくようにしましょう。

離婚時に慰謝料が請求できるケース

弁護士

相手による不貞があった場合

配偶者による浮気や不倫などの不貞行為があった場合、浮気や不倫をされた側は慰謝料を請求することができます。不貞行為は法律上でも離婚原因の一つとして認められています。浮気相手や不倫相手に故意や過失があったことが証明されれば、慰謝料は認められやすくなります。

DVがあった場合

パートナーによるDV(家庭内暴力)があった場合は、慰謝料を請求することができます。DVは、パートナーに精神的苦痛や身体的苦痛を与える可能性が高いため、慰謝料は認められやすいと考えられます。子供に対しての暴力があった場合も慰謝料請求の対象となります。

モラハラがあった場合

モラルハラスメントとは、相手を精神的に貶めるような行為を続けることです。精神的DVとも呼ばれています。例えば、日常的に相手に対して、「最低の人間だ」とか、「お前なんか一人では何もできない」などの言葉を投げつけ続け、言われた側が反論しようとすると、逆上して暴れたりすることもあります。このような行為に対しては、慰謝料が発生します。

離婚で慰謝料をもらうには?弁護士へ相談して解決しよう

ジャッジガベルと天秤

一人で悩まないことが大切

離婚には、処理すべき問題がたくさんあるため全てを一人だけで抱え込んでしまうと、不安に打ちのめされてしまいがちです。処理すべき問題の解決に向けて一人で悩まずに目的に合わせて弁護士や税理士に相談してみましょう。

広告募集中