借金で悩みを抱えている人は多い

社会人の中には何らかの理由によって借金を背負ってしまって返済ができずに頭を悩ませている人は少なくありません。借金はそのままにしておくと状況が悪化していく一方となるので、金額に関わらず早めに対策を取ることが必要不可欠となります。

弁護士依頼で多い悩み相談ベスト3

書類
no.1

消費者金融での借り入れの増加

数多くある借金トラブルの中でランキングの1位となっているのが消費者金融の借り入れです。時代の移り変わりの中でお金を借りられる消費者金融の数が増加傾向にあります。消費者金融は一定の収入を得ている人であれば簡単な審査によって気軽に借り入れを行うことができるのが特徴です。しかし、気軽に利用できることで無計画に借り入れを行ってしまい、気がついた時には借金が膨れ上がってしまって返済が困難となってしまうケースは少なくありません。

no.2

連帯保証人になったことで起こった借金

世の中には自分には落ち度が無いにも関わらず借金を背負ってしまうケースも多く、それがランキングの2位に選ばれた連帯保証人による借金になります。
連帯保証人とは借り入れを行う人が何らかの事情によって返済できなくなったなど借金に関する問題を起こした時に代わりに請求を受ける存在のことです。連帯保証人は拒否権はないため、ある日突然多額の請求をされて返済することできないといったことが主なトラブルになります。

no.3

会社の倒産による不渡り

借金トラブルは必ずしも個人だけで起きる問題とは限りません。中にはランキングの3位に選ばれている会社における手形の不渡りによる倒産で借金を背負ってしまうケースもあります。
個人とは違い企業に融資を行なう場合、一般的に手形と呼ばれる事業所の財産を把握する証明の役割を担っている物を発行してお金を借りるのが基本の形です。
景気が不安定な中で融資を受けたにも関わらず業績の不振によって返済ができなくなってしまうという会社が多いとされています。

自己解決は難しい

借金を抱えている人の中には自己解決するために任意整理などを自分で行うことを考える人もいます。しかし、専門の知識や交渉の技術を持っていない素人が金融会社と対等に話し合うのは難しいのが実情です。個人で解決する手段が全くないわけではありませんが、選択肢は限られていて手間や時間が掛かってしまうのは否めません。

弁護士と税理士の違い

仕事内容を含めた専門性の違い

弁護士は法律相談はもちろん、借金トラブルから交通事故の示談交渉に至るまで幅広い仕事を行うことができる法のエキスパートと言える職業です。
一方で税理士は税に関わる様々な仕事を請け負っている職業になります。ここで言う税には個人に関わる税金のトラブルも含まれているので、借金の原因によって弁護士と税理士を使い分けることが大切です。

依頼した場合に掛かる費用の違い

仕事内容以外の弁護士と税理士の異なる点の一つとして費用の違いが挙げられます。弁護士は様々な案件を引き受けることができる反面、数ある専門家の中でも費用が若干高くなってしまうこともあるので注意が必要です。
税理士は税に関わるアドバイスやサポートが主な仕事になることから、比較的リーズナブルな値段で依頼ができます。

思いがけず作ってしまった借金の悩みは弁護士に相談しよう!

女性弁護士

弁護士に依頼することでスピーディーに悩みが解消

借金のトラブルで弁護士への相談が良いとされる理由の一つが解決までのスピードの速さです。
弁護士に相談をすることで借り入れ状況からその人に最適となる債務整理の方法を提案してくれます。一口に債務整理と言っても任意整理や自己破産などいろいろな選択肢がありますが、どの債務整理を選ぶ場合でも即座に行動を起こしてくれるのが魅力です。
債権者との交渉も含めて必要な手続きを全て行ってくれて数ヶ月から半年程度の時間で問題を解決してくれるのが弁護士に依頼する大きなメリットと言えます。

不倫での慰謝料請求を成功させよう♪

国際離婚は弁護士に相談すべし!

福岡で実績ある弁護士に相談しよう?

債務整理を大阪で対応してくれる司法書士事務所ならコチラ☆

港区で税理士事務所を探しているならサイトをクリック!

広告募集中